次世代認定マーク「くるみん」を取得しました
-次世代育成支援対策推進法に基づき厚生労働省・新潟労働局から認定-

旭カーボン株式会社(社長 西出誠一郎)は、次世代育成支援対策推進法に基づき、子育て支援のための取り組みに関し、一定の基準を満たした企業として、厚生労働省・新潟労働局から2014年2月27日に認定を受けました。認定された企業は次世代認定マーク(愛称「くるみん」)を使用することができます。

次世代認定マーク 愛称「くるみん」

次世代認定マーク 愛称「くるみん」

今回、次世代育成支援対策推進法に基づき策定した一般事業主行動計画に対して、主に以下の取り組みを行い認定に至りました。

  1. 子育て支援のための主な取り組み

    (1) 育児休業制度を利用しやすい環境整備に向けた取り組み
    休暇取得の呼びかけなどを実施して、計画期間中の女性の育児休業取得率100%※を達成しました。また、男性も期間中に1名が育児休業を取得しています。

    (2) 出産・育児・看護・介護を理由に退職した従業員を対象とする再入社制度を導入しました。

    ※育児休業取得率=期間内に出産した女性社員の数÷期間内に育児休業した女性社員の数×100%

  2. ワークライフバランスの向上に対する取り組み

    下記の取り組みを通じて、計画期間終了までに1人当たりの年平均所定労働時間を2008年実績以下にするという目標を達成しました。

    (1) ノー残業デーの実施
    (2) 年次有給休暇の取得促進

  3. 地域学校支援に対する主な取り組み

    従業員の雇用環境整備に対する取り組みだけでなく、地域で子どもたちを育てることを目的とした下記のような活動も行いました。

    (1) カーボンブラックを原料とする墨汁の近隣小学校への寄付
    (2) 近隣小学校での出張授業を実施
    (3) 近隣高等専門学校や大学院からのインターンシップ生受け入れ
    (4) 近隣中学校の企業訪問受け入れ

当社は、多様な人々が「働きやすく、活躍できる」職場環境づくりに取り組んでいます。今後もダイバーシティを推進すべく、女性の活躍推進を含めたさまざまな取り組みを進めていきます。

旭カーボン株式会社 概要

  1. 代表取締役社長:西出 誠一郎

  2. 所在地:新潟県新潟市東区鴎島町2番地

  3. 事業内容:カーボンブラック製品の開発、生産、販売

  4. 設立:1951年6月20日

  5. 資本金:17億2千万円

  6. 従業員数:188名(2014年2月3日現在)

本件に関するお問合せ先

旭カーボン株式会社 総務部 長沢 孝
TEL:025-274-1211

  • 社長挨拶
  • 企業理念と経営方針
  • 会社概要
  • 歴史・沿革
  • お知らせ
  • お問い合わせ