日本政策投資銀行より「環境格付認定」と「BCM格付認定」を受領

旭カーボン株式会社(藤本真哉 代表取締役社長)は、株式会社日本政策投資銀行(以下、DBJ)より「DBJ環境格付」と「DBJ BCM格付」に基づく融資(※)を実施いただきました。 「DBJ環境格付」と「DBJ BCM格付」の同時取得は当社が新潟県内で初めてです。さらに当社は「DBJ環境格付」は4年連続での取得となりました。
※ DBJが開発した格付システムにより企業の環境や防災、事業継続などに関する取り組みを評点化し、優れた企業を選定し、その評価に応じて融資条件が設定されるという仕組み

今回の格付では、主に下記の点について高い評価を受けました。

【DBJ環境格付】

  1. カーボンブラック製造工程で発生する副生ガスの自家発電利用による工場内使用電力の供給。さらに、その際に発生するCO2を近隣工場へ売却することによる副産物利用の推進。

  2. 水リサイクルシステム運用による水資源投入量の削減や産業廃棄物のゼロエミッション達成など環境負荷低減の着実な推進。

【DBJ BCM格付】

  1. 災害発生時における初動体制の強化。さらに、グループ会社の他、事業や工事の委託先会社などとの避難訓練。

  2. 二次災害として火災および油漏洩事故を想定し、定期的にリスク対応の訓練を実施。また夜間抜き打ちの通報訓練等を通じた強固な防災体制の構築。

当社は、これからもブリヂストングループの環境宣言に掲げた「未来のすべての子どもたちが『安心』して暮らしていくために…」という変わらない思いのもと、環境への取り組みを継続的に推進してまいります。また、カーボンブラック製造会社としてお客様に対する原材料の供給責任を果たすべく、引き続き事業継続体制の改善に取り組んでまいります。

認定証(環境)認定証(BCM)

本件に関するお問合せ先

旭カーボン株式会社 総務部 山﨑 友義
TEL:025-274-1211

  • 社長挨拶
  • 企業理念と経営方針
  • 会社概要
  • 歴史・沿革
  • お知らせ
  • お問い合わせ