企業活動情報

  1. ホーム
  2. 企業活動情報
  3. CSR活動
  4. CSR22の課題

CSR22の課題

CSR「22の課題」とは

CSR「22の課題」の構成

CSR「22の課題」は、社会からの一般的な要請事項から、ブリヂストングループの重要度、ステークホルダーの皆様の重要度、同社グループの実施状況の3つの観点から抽出整理したものです。

経済責任、コンプライアンス、リスク、ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションのような社会に対する基本的な責任となる課題と同社グループが独自に目標を設定し取り組むような社会に対する自主的な責任となる課題で構成されています。

CSR「22の課題」は、グローバルに軸がぶれないCSR活動を推進するためにグループの“共通言語”として設定したものです。上記の3つの観点で定期的にローリング(見直し)をし、ブリヂストングループの企業理念の実現につながる羅針盤的な役割をはたすものです。